日経225オプションのメリットとデメリット

bazylinski-1

日経225オプションとは

日経225オプションでは、日経平均株価をあらかじめ定められた価格で買う権利と売る権利の売買を行うことです。
指数そのものを取引するよりも価格変動は大きくなる傾向があります。そのために、資金効率は良いと考えられます。

リスクヘッジのためによく利用される

日経225オプションは、リスクヘッジのために用いることができます。

コールオプション

コールオプションを買った場合、日経平均が上昇すればコールオプションの価格も上昇しますから、権利行使をすれば利益を得ることができます。例えば、18,000円のコールを買っていて、日経平均が19,000円になった場合を考えてみましょう。
この場合、18,000円で買う権利を持っていますから、権利を行使して買うことができ、それを市場で売却をすれば19,000円で売ることができるのですから、理論的に1,000円分の利益を得ることができます。

では、18,000円よりも低くなった場合にはどうなのかというと、例えば17,500円になれば、買う必要はありません。
市場で17,500円で買うことができるのですから、18,000円で買うという権利を行使するべきではありません。つまり、買った権利は無駄になりますが、損失は買ったときの価格までで押さえることができます。

プットオプション

プットオプションは売る権利ですから、コールオプションの逆だと考えれば全く同じです。
つまり、オプションを買った場合には、高い利益を狙うこともできる上に、損失は限定されていますから、リスクを抑えた投資ができると言えるでしょう。

リスクをフリーにする代わりに、オプション価格に相当するコストをかけると考えれば分かりやすいです。
オプションを買った場合にはこのようにリスクをなくした投資ができますが、逆にオプションを売った場合にはリスクを抱えることになります。

オプションを売ることによってリスクを抱える代わりに、売った代金を手に入れることができます。リスクが顕在化しなければ売った代金がそのまま利益になりますが、リスクが顕在化するとそれに応じた損失が発生することになります。

日経225オプションのメリットとデメリット

このように、日経225オプションは買う場合と売る場合とメリットとデメリットは異なります。買う場合にはリスクヘッジのために用いることができるというメリットがあり、売る場合にはリスクを抱える代わりに利益を得やすいというメリットがあります。

デメリットはメリットの裏返しで考えることができます。少額の資金で大きな取引ができますから、それによって大きな利益を期待できます。しかし、損失が発生したときには投資した資金をすべて失う可能性があると言えるでしょう。レバレッジのかかった投資としても用いることができますから、レバレッジをかければ投資した資金以上の損失を受けることもありますから注意が必要です。

オプションは時間によって価格が変化し、価格は徐々に下落していく傾向があります。
ですから、オプションを買った場合に、指数の価格が変動しなければ、それだけで徐々に損失へとつながっていきます。

売った場合には、価格が下落することによって利益を得ることができますから、価格変動がほとんどないような状態では利益を得やすいと言えるでしょう。しかしながら、価格が変動することによって大きな損失を発生させてしまう可能性があります。

日経平均をそのまま売買するよりも多様な戦略をとれるというメリットが日経225オプションにはありますが、完全に理解せずに取引をすることによって思わぬリスクに発展する可能性もあると言えるでしょう。ですから、取引をする際にはリスクをきちんと把握することとともに、相場観を養うことも大事です。