日経225先物取引【基礎編】

pp2

日経225先物とは?

その前に日経225って何?

日経平均とは日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数です。

そのため「日経225」とも呼ばれています。

株価指数の種類には、日経225、TOPIX、マザーズ指数など様々です。

そもそも先物取引って何?

先物取引とは、「ある商品」を「将来の一定の期日」に、「今の時点で取り決めた価格」で取引することを「約束する」契約をいいます。

ここで説明する「ある商品」というのは日経225株価指数です。

日経225って取引できるの?

日経225とは先ほど述べたとおり「株価指数」なので、そのものを取引することは出来ません。

取引するとすれば、225社の株式を全て買うというぐらいですが、わたし達個人投資家ではとても無理ですね。

じゃぁ何を取引するの?

日経225という株価指数を、あたかも株式取引をするような感覚で売買できるのが「日経225先物」です。

しかし日経225先物には株券などという存在がない為、すべてが差金決済となります。

つまり自分の口座から損益金だけが増減するわけです。

日経先物には限月が4種類ある

限月とは権利行使日が到来し、取引が終了する月日がいつであるのかを示しています。

日経225先物では3月限・6月限・9月限・12月限の4種類で、取引が可能なのは向こう5限月で、それぞれの限月の第2金曜日が清算日となりす。

例えば現在2015年2月ならば、取引可能なものは「今年の日経225先物3月限、日経225先物6月限、日経225先物9月限、日経225先物12月限、そして翌年の日経225先物3月限」の5限月です。

先物取引は期限が決まってますので取引期間中にまだ決済していなければ強制的に清算価格で反対売買されます。

この時の清算価格のことを「SQ」といいます。
ここまで日経225先物の説明をしましたが、実際の取引をする際は株式の信用取引をする感覚で良いと思います。

ただし、先物特有のレバレッジ性など知っておかなければならないこともありますので他の項目にも目を通しておくといいですよ。

取引をはじめる前に

取引できる種類が5つあるって聞いたけど、どれを買えばいいの?

取引の出来る限月は5つあります。
しかし流動性が高いのは期限の一番近いものです。

投資家のほとんどが、これを取引していると言っても過言ではありません。
逆に、他の4つは例外を除けば、ほとんど取引されていなく、出来高も非常に少ないです。
ですので、現在が2015年2月なら「日経225先物3月限」選択して取引をしましょう。
出来高が少ない中での取引は売るに売れない状況などに陥り、いい結果が生まれないでしょう。

株と同じように注文すればいいの?

株の信用取引に「信用買い」「信用売り」がありますが、それと同じで自由に買いから入ったり、売りから入ったりできます。

「買い」から入った場合、価格が上がれば利益で、価格が下がれば損失となります。
「売り」から入った場合、価格が下がれば利益で、価格が上がれば損失となります。

株式では1株、2株と数えますが、日経225先物では1枚、2枚と数えます。そして取引価格は通常は10円刻みで値が動きます。
注文方法も「指値注文」や「成行注文」と普通の株式取引と変わりはありません。一番覚えなければいけない注文方法が「逆指値注文」です。
逆指値注文とは、「この水準まで下落したら成り行き売り」などというように、通常の指値注文とは逆の注文方法です。
これは短期売買の際には、リスク管理という面で非常に有効ですのでしっかりマスターしましょう。
また、証券会社によっては特殊な注文方法が利用できるところもありますので、それも有効活用できます。

日経225先物取引の取引時間

日経225先物取引の取引時間は以下のとおりです。

前場 後場 ナイト・セッション
9:00 – 11:00 12:30 – 15:10 16:30 – 3:00

合計すると、1日に15時間10分もの取引の機会があります。

ナイト・セッションとは

イブニング・セッションは、大証の通常の取引時間(9:00 ~ 15:10)にプラスして、夜間まで取引できるようにした制度です。
2010年7月20日よりイブニング・セッションの取引時間が23:30まで延長されました。
2011年7月19日より16時30分から翌3時00分に拡大されたことから、「ナイト・セッション」(夜間立会)という呼び名になりました。

ナイト・セッションによる利点

・単純に取引機会が増えた。
・株式市場終了後に発表される企業の決算情報やニュースに対応できるようになった。
・日本時間の深夜に取引されているアメリカ市場やヨーロッパ市場に対応出来るようになった。

海外の株式市場や為替の動きを見ながらの取引も可能ですので、投資家にとってはうれしい制度ですね。

レバレッジ効果と証拠金

レバレッジ効果って何?

レバレッジ効果とは、自分が持っている資金の何倍、何十倍の取引ができる効果のことです。
てこの原理のように「レバレッジ=てこ」、自分の力の何倍もの力を生み出します。
つまり少しの資金で大きな金額の取引が行えるので、株式の信用取引と同じようなイメージです。
ただ株式の信用取引がせいぜい資金の3倍程度のレバレッジであるのに対し、日経225先物はなんと20倍以上のレバレッジ効果があります。
そのレバレッジ効果故に、ハイリスクハイリターンであるといえます。ただ、リスク管理さえしっかりと行えば少ない資金で最大の利益を生み出すことが可能です。

口座にはいくら程度入金していれば取引できる?

日経225先物の最低取引金額は(取引価格×1,000)なので、現在の価格が10,000円だとすると、なんと1,000万円にも及びます。
だからと言って口座へ1,000万円の資金が必要かというとそうではありません。
先ほど「少ない資金で大きな金額を取引する」等と述べたように、数十万円程度の「証拠金」を口座へ入金していれば取引可能です。

証拠金とは、日経225先物の取引をしていく上での担保となるお金のことです。
この証拠金の金額は証券会社ごとに違いますので、ご自分で確認してみるといいでしょう。
50万円の証拠金だとするとレバレッジ効果は(1,000万÷50万=20)20倍となります。

リスク管理

さきほど述べたとおり、レバレッジ効果が非常に高い日経225先物取引は、ハイリスクハイリターンです。
この「リスク」を管理することが長く取引していくうえで、最重要課題となります。

ロスカット(損きり)は厳格に行う

「いつかは騰がるだろう」「今は単なる押し目だろう」等と楽観的な考えで、これが出来ずに損を拡大させてしまってはお話になりませんよね。
実際これができずに投資の世界から離脱する人も多数います。
例えば、ロスカット額を5万円、利益確定額を20万円と決めておけば「1勝4敗」でもイーブンです。
投資全般に言えることですが、欲を出しすぎないことが大切です。

株価指数先物取引には値洗いがある

値洗いとは、株価指数先物取引の建玉を毎日の清算指数(=終値)で日々評価替えをし、その評価差損益を授受することを言います。つまり、持っている建玉について、日々の清算指数(=終値)との差額を値洗いと言い、前日の終値よりプラスであれば「値洗い益」、マイナスであれば「値洗い損」が発生します。持ち越しをする場合には注意しておくべきです。

通常の取引や値洗い損で不足金が発生したら?

上記値洗い(日々の相場変動)により、不足金が発生した場合(証拠金以上に損を出してしまった場合)、必要証拠金を満たすまでの不足分を入金して、不足分を解消しなければいけません。
このようなことを追加証拠金(追証:おいしょう)といいます。追証が発生しないように、常に証拠金の額を計算するようにしましょう。

証拠金を多めにいれておく

いくら証拠金が30~50万円程度(miniなら3~5万円)で取引が出来るといっても、証拠金全額を使うというのはやりすぎな感があります。また、上記のようなことに陥りかねません。
1枚買うのに必要な証拠金が30~50万円(miniなら3~5万円)とするならば、70万円以上(miniなら7万円)程度の証拠金を口座へいれておきましょう。

日経225mini

日経225miniとは?

日経225先物取引は株価指数×1000倍を取引するものですが、日経225miniではその10分の1の株価指数×100倍の取引になります。
日経平均が10,000円のときなら100万円程度の取引ができるということです。
数十万円必要だった証拠金も、日経225miniでは数万円でいいということになります。
現在では、多数の証券会社で取り扱われていますので気軽に日経平均先物が取引できます。

日経225先物との違い

日経225先物と日経225miniの違いは以下のとおりです。

日経225先物 日経225mini
取引金額 株価指数×1000倍 株価指数×100倍
呼値 10円刻みで変動 5円刻みで変動
限月 現在が2月なら、3月、6月、9月、12月、翌年3月の5限月 現在が2月なら、3月、6月の2限月

取引額が10分の1になるわけですから、当然証拠金も10分の1になりますね。

日経225miniの手数料は?

現在ではほとんどの証券会社で、100円以下で取引できます。
手数料が100円で、買ってそれを返済する取引をしたとすると、まず買った時に100円の手数料を払い、それを返済した時にまた100円支払うので、合わせて200円ということになります。
これは証券会社によって異なるので、こちらで証券会社を比較して資料請求してみましょう。

取引例

例 : 日経平均が10,000のときに100枚買い建てし、10,100円でその100枚を返済売りした。
(10,100-10,000)×100=10,000円の儲け
例 : 日経平均が10,000のときに100枚売り建てし、10,100円でその100枚を買戻した。
(10,000-11,000)×100=10,000円の損