日経225先物取引で失敗しないための法則

nkji

まずはレバレッジの恐ろしさを知る

日経225先物取引はレバレッジをかけて取引をする商品です。
レバレッジをかけると言うことは、自分の資産の何倍もの取引をすることを意味します。うまくいけば大きな利益を得ることができますが、損失を発生させたときには大きな損失につながる可能性があります。

これがレバレッジの恐ろしいところだと言っても良いでしょう。損失が発生すると大きな損失につながりやすいとくと口調が日経225先物取引にはありますから、損失をあまり拡大させないような工夫は必要です。

損切りの重要性

そのために必要なことは損切りです。冷静に損切りをすることが最も大事だと言っても言い過ぎではありません。
損切りとは、損失が大きくなる前にポジションを閉じることを指します。特に高いレバレッジを高くして取引をしているときには注意しなければなりません。レバレッジを高くして取引をしていると、一度の負けでそれ以上取引ができなくなってしまう可能性があり、取り戻すことさえできなくなる可能性もあるのです。

損切りの具体的な例についてですが、例えば預けている資金に対して5%の損失が発生すれば、どれだけ損失が発生していてもポジションを閉じるというようにします。
こうすることによって、損失が発生したとしても5%に押さえることができるでしょう。

トレンドの見極めが肝心

日経225先物取引では、トレンドが発生すると、その方向に動きやすいという特徴があります。ですから、もしも損失が発生し始めると、損失が拡大し続けていくこともあります。

例えば上昇トレンドにあるときには買いポジションを持つのが普通ですが、その瞬間にトレンドが転換する可能性があります。このときに、損失が発生すればすぐにポジションを閉じるのが一般的には正解です。

もしかすると、再び上昇に転じる可能性はありますから、ポジションを閉じた結果、やっぱり閉じなければ良かったと後悔するかも知れません。しかし、損失が拡大する可能性もありますから、できるだけ早くポジションを閉じるべきだと考えられます。

損失が発生しているときには、得てして冷静な判断はできないものです。
例えばトレンドの判断に自信がある場合には、いずれ自分の思った方向に動くと思い込んでしまうこともあります。明らかにトレンドが転換していても、元に戻ると思い込んでしまうと、損切りができなくなって損失を拡大させる可能性はあります。

熱中しているときは意外と気づかない「チャンスはこの後何度もある」ということ

トレンドが一時的に転換したように見えても、それが押し目や吹き値である可能性は否定できないでしょう。
しかし、その可能性はあるとしても、トレンドが転換した可能性があるということも考えなければなりません。もしも一時的に損失が発生していて、そのときに損切りをすれば少額の損失で済みますし、トレンドが転換していなければ、再び同じポジションを持つのも良い方法でしょう。

チャンスは何度もありますから、もしも損失が発生した場合に、大きな損失につながらないようにしたほうが取引を長く続けることができます。

とにもかくにも冷静な判断を磨く

冷静さを保つことは、日経225先物取引をする上で最も大事なことの一つです。
損失が発生している場合には冷静な判断ができなくなることが多いですが、利益が発生しているときにも冷静な判断ができなくなることも多いです。
少し儲かると強気になって、普段ならしないような大きな勝負をしてみたくなるという経験をしたことのある人もいるでしょう。

常に冷静に取引を行うためには、予想通りに利益を確定させた場合であっても、損失が発生して損切りをした場合であっても、しばらくは取引をしない方が良いです。例えば、その日は新たにポジションを持たないようにするのは良い方法です。大きな損失が発生すれば、例えば1週間は取引せずに冷静に相場を見るというのも良い方法です。