日経225オプションの概要と使いどころ

日経225オプションとは

日経225オプションとは、日経225先物取引に対するオプションです。オプションとは、権利の売買を指します。買う権利のことをコール、売る権利のことをプットと呼びます。

コールオプションは買う権利の売買ですから、コールオプションを買うと、買う権利を得ることが出来ます。それぞれに対して価格が決められていて、例えば、20,000円のコールオプションを買った場合、日経225先物を20,000円で買う権利を持つことが出来ます。

ですから、例えば日経225先物が21,000円になった場合、権利を行使して20,000円で買って、それを市場で売却することによって、1,000円の利益をえることができます。

もしも日経225先物が20,000円以下の場合には、権利を行使しなければ良いです。

コールオプションを買うためには代金を支払わなければなりませんから、もしも権利を行使しなかった場合には、この代金の分だけ損失が発生します。

オプションは売ることも出来ます。
コールオプションを売った場合には、売った代金を受け取ることが出来ます。
この場合、買い手が権利を行使すれば、買い手に対して売る義務が発生します。買い手が権利を行使しなければ何もしなくてよいですから、売った代金をそのまま利益として受け取ることが出来ます。

プットオプションは売る権利を指しますから、考え方としてはコールオプションの逆で考えればよいです。

つまり、プットオプションを買った場合には、売る権利を得ることが出来て、プットオプションを売った場合には買う義務が発生します。

日経225オプションの使いどころ

その使いどころについてですが、単純に使うのなら上昇すると予想した時にはコールオプションを買うか、プットオプションを売ります。
下落すると予想した時にはプットオプションを買うかコールオプションを売ります。これが基本的な使い方だといえるでしょう。

オプションを買うためには代金を支払い、売ると代金を受け取ることが出来ます。これを組み合わせることによってコストをなくすことができます。

例えば上昇すると予想した時には、コールオプションを買うとともに、プットオプションを売れば良いです。数量を調節すれば、プットオプションを売った代金でコールオプションを買うといったことが可能で、これがゼロコストオプションと呼ばれる戦略です。

次に、相場があまり動かないと予想した時には、コールオプションとプットオプションの両方を売ります。
こうすることによってコールオプションとプットオプションの両方の代金を手に入れることができますから、もしも相場が動かなければその代金がそのまま利益になるのです。

その逆で、相場がどちらに動くのかわかなかったとしても、どちらかに大きく動くだろうという予想した場合には、コールオプションとプットオプションの両方を買います。こうすることによって、どちらかのポジションが利益を生み出すでしょう。

日経225オプションと日経225先物の組み合わせ

日経225オプションと日経225先物を組み合わせた戦略もあります。
例えば、有名な戦略としてカバードコール戦略があります。
日経225先物を買い、それとともにコールオプションを売ります。コールオプションを売った代金の分だけパフォーマンスは上がりますから、先物だけを買った場合よりも利益が大きくなります。

また、コールオプションを売るだけの場合よりもリスクを抑えることが出来ます。

日経225オプションは先物に対するオプションですから、先物と組み合わせることによって様々な戦略を取ることが出来ます。

どちらにしても、レバレッジは大きいですから、リスク管理を徹底することは必要でしょう。例えば損切りラインを決めておくことは大事なことの一つだと考えられるのです。