ひまわり証券のポイントとレビュー

ひまわり証券は日経225先物から撤退しました。
他の証券会社レビューページをごらんください。

おすすめポイントのまとめ

ひまわり証券の5段階評価

  • 自動売買が可能なシステムトレードツール完備。
  • 多彩な注文方法。
  • 無料チャートが見やすい。
  • 少ない証拠金で取引可能。
  • モバイル対応。

レビュー

ひまわり証券の魅力は、何といっても「全てが本格派」これにつきると思います。

手数料は他社に比べて割高ですが、それを補ってもお釣りがくるくらい、トレードツールやシステム等、サービスの質が高い印象をもちます。

注文方法は特に多彩で、通常の指値、成り行き、逆指値注文のほか、NT注文、逆指値付注文*1、イフダン注文*2にも対応しています。

NT注文は個人的には待ちに待った機能で、NTトレードをする際にとても便利です。

NTトレードとは?
日経225先物とTOPIX先物の価格差(=スプレッド)が、一定水準乖離した場合割安な先物を買い、同時に割高な先物を売り、価格差が縮小した際に両方を決済する方法。

証拠金(取引をする際に口座に最低限入れておかなければならない金額)が安いというのもひまわり証券のメリットとなります。日経225miniを取引する例としては他社が概ね4万円程度なのに対して、その約80%くらいの金額で取引が出来ます。

先にも述べたとおり、手数料は多少割高なので小額資金で1日に何度も取引するような方には向いていないかもしれません。1日に1回程度、週に数回程度なライトなトレーダーにうってつけな証券会社であると思います。

*1 逆指値付注文 *2 イフダン注文
逆指値付注文
@ himawari Securities,Inc.
イフダン注文
@ himawari Securities,Inc.

当然、口座開設費用や口座管理料などの維持費は0円で、取引した回数だけ手数料がかかるのみです。

手数料比較ページ