カブドットコム証券のポイントとレビュー

おすすめポイントのまとめ

カブドットコム証券の5段階評価

  • CME日経225先物(シカゴ取引所で取引される日経先物)が取引可能。
  • リスク管理に徹底しているので、自動売買を可能にする注文方法が多彩。
  • 豊富な商品ラインナップ
  • トレードツール、先物価格フラッシュボード完備。
  • モバイル対応。

レビュー

カブドットコム証券の魅力は、CME日経225先物が取引できることや注文方法の多彩さに加え、何よりも三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券という安心感にあります。

取引可能な時間は、日本の日中(9:00~15:10)、イブニングセッション(16:30~23:30)、夜間[アメリカ](20:00~6:15[夏時間は5:15])を合わせると1日最大で18時間25分となります。

注文方法も実に多彩で、通常の指値、成り行き、逆指値注文(余談ですが逆指値注文はカブドットコム証券の特許)に加え、W指値注文±指値注文リレー注文Uターン注文トレーリングストップ注文自動最良執行注文など、自動売買に最適な注文をその度選択できます。

夜間も取引したい方や、1日に1回程度や週に数回程度しか取引しないライトユーザーにはうってつけな証券会社といえます。

日経225先物取引や日経225miniに加え、ミニTOPIX先物、東証REIT指数先物、TOPIX Core30先物といったものが取引できるのも魅力となっています。

もちろん口座開設費や維持費等はすべて無料で、取引の際の手数料のみとなります。

独自な注文方法 注文方法の説明
逆指値注文 逆指値注文は株価が売買注文時から「指定の価格まで下落したら売り」、「指定の価格まで上昇したら買い」とする注文形態。
W指値注文 売買注文の際に、時価の上下で指値と逆指値が両方設定できる注文形態です。
±指値注文 「始値・終値・約定価格」を基準とした注文が出せる注文形態です。
リレー注文 A株が売却できたら、B株の買付を発注予約するといった注文形態です。
Uターン注文 買い注文と同時にその銘柄の売り注文を同時に予約するといった注文形態です。
トレーリングストップ注文 高値安値に合わせて、逆指値注文をリアルタイムに自動修正する自動売買です。同じ売るなら少しでも高いところで売りたい、高値から下落してきたところで売りたい、という場合等で活用できます。
自動最良執行注文 取引所市場価格とkabu.comPTSの価格を比較し、最良の価格を提示する市場を自動選択し発注を行なう自動売買。

手数料比較ページ