ヘッジ

元々は「防御」という意味。
相場ではリスクヘッジのことを単にヘッジと言い、「危険分散」的な使い方がされる。