逆張り

逆張りとは、他の投資家たちが弱気になって価格が下落してくる場面を買う手法のこと。
基本的には下がって行く動きの中で買い、上がってきたところを売るという投資姿勢のこと。